脂肪肝を治すには サプリ

MENU

脂肪肝を治すには

脂肪肝を治すには脂肪肝予防を第一に考え、肝機能を改善するためにも脂肪肝の原因をまずは解消することを要します。
脂肪肝の原因は1.肥満・糖尿病、2.アルコールの過剰摂取などが代表的です。

 

低カロリー・低脂肪食を心掛ける

脂肪肝の原因である肥満を解消するにはダイエットが必要となります。ダイエットには低カロリーで低脂肪食なバランスの良い食事が最適であり、日頃食べ過ぎている人は食事の量を減らすことも大きなポイントです。

 

それだけでなく適度な運動も求められます。

 

アルコールを控える

脂肪肝を改善するために最も重要といわれるのが、アルコールを控えることです。
ご存知の通り肝臓は沈黙の臓器と呼ばれています。その理由は、肝臓は再生能力・代償能力に優れ、ダメージを受けたとしても残った正常細胞が余分に働き、機能を維持することが可能だからです。

 

その結果肝臓に異常があったとしても症状が無いため気付かず、仮に異常に気付いた時には症状が大きく進行してしまっているケースも多いとされます。定期健診を受け、肝臓の数値を気にかけチェックしながら、脂肪肝になる前にあらかじめ予防として規則正しい生活習慣やバランスの良い食事を意識しましょう。

 

脂肪肝を治すには、まず食事療法・食品が必要です。

脂肪肝を治す食事と食品は、タウリンを含むものです。

肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる役割があり、タウリンを含む食品を摂ることで胆汁酸の分泌が増え、血液中コレステロール値も下がります。

 

タウリンには、酸素の働きをサポートする役目があるため、アルコールの分解を促し、肝臓へのダメージを抑えてくれます。さらにタウリンは腎臓や肝臓の有害ミネラルである毒素を濾過する機能を大きく後押しします。

 

カキに含まれるタウリンは、肝臓に蓄積された中性脂肪を肝臓の外へ排出し、脂肪肝を改善させる働きも持っています。
つまりタウリンが肝臓に入ることで、肝臓内の中性脂肪を取り除き、次に肝臓から脂肪を外に排出してくれるということです。食事療法としてはタウリンを含むカキなどを食べるとより効果的でしょう。

脂肪肝を治すには〜おすすめサプリ

肝臓機能が低下してしまうと、体に多くの障害が出始めます。放置することで最悪の場合死に至る可能性もあるため、肝臓系の数値に異変や衰えを感じたらすぐに、肝臓をいたわる処置を考えましょう。脂肪肝に効果があるとされる栄養素はタウリン、オルニチンなど、肝臓に良いとされる栄養と同じです。
当サイトはより効率かつ効果的で補給が出来る脂肪肝サプリを紹介していますので一度ご覧になって検討してみてください。

牡蠣のチカラα ←脂肪肝には亜鉛

牡蠣のチカラαは、亜鉛を主成分とした脂肪肝サプリ。
脂肪肝を治す改善するには、運動や食事はもちろんですが、亜鉛が有効といわれています。亜鉛は、新陳代謝を活発にする効果や肝臓などの臓器の形成、ホルモンの合成や分泌などの役割がありますので脂肪肝を治すには、しっかり適量を摂取する必要があります。しかし、亜鉛は、欠乏しやすいミネラルですので、脂肪肝を治すには食事やサプリなどで定期的に補う必要があります。
1日に必要とされる亜鉛の量は、10mgほどなのですが、亜鉛が多く含まれる食品の生牡蠣100g(5,6個)くらいの量になります。牡蠣を毎日とり続けるのは大変ですので、亜鉛不足は牡蠣のチカラαで補うのが手軽でお勧めです。

 

脂肪肝を治したいという方にぜひおすすめのサプリメントです。

 

▼牡蠣のチカラαの公式サイトはこちら▼

もっと詳しい紹介記事⇒ 脂肪肝にはやっぱり亜鉛『牡蠣のチカラα』

 

レバリズム-L 当サイト限定で980円

レバリズム-Lは、完璧を追い求めこだわった肝臓に効き目のある栄養素をぎゅっと凝縮したサプリメントのことです。

 

日本人の約1000万人が脂肪肝といわれる現代社会において、救世主といっても過言でないのがレバリズム-Lです。国産で高品質なしじみ・牡蠣などのエキスを多く含み、脂肪肝に働き掛けます。
それだけでなく、シスチンやビタミン類など肝機能の改善に良いとされる成分も含まれており、肝臓が少しでも気になる人にはとても魅力的なサプリメントです。

 

▼レバリズム・Lの公式サイトはこちら▼

レバリズム・L

もっと詳しい紹介記事⇒ 肝臓に有効なレバリズム-L

 

肝パワーEプラス 5袋お試しセット

肝パワーEプラスとは、脂肪肝の改善をサポートするタウリンを多く含んだサプリメントのことです。広島産の牡蠣に含まれるタウリンを豊富に含み、さらに長野産にんにくや紀州産南高梅などアリシン、クエン酸といった栄養までもたっぷり配合しています。

 

脂肪肝の原因である血液中の中性脂肪やコレステロールを減らし、飲酒のしすぎによる肝臓機能を助けてくれるのでとても頼りになります。今なら公式サイトから安心安全の返金保証付きで購入できるため、是非お試しください。

 

▼肝パワーEプラスの公式サイトはこちら▼

肝パワーEプラス

もっと詳しい紹介記事⇒ 肝臓に特化した肝パワーEプラス

 

協和発酵バイオ オルニチン

協和発酵バイオオルニチンは、医薬品原料メーカーが開発したオルニチンサプリメントのことです。

 

私たちの身体機能低下の原因とされているアミノ酸を豊富に配合しており、簡単に補給ができます。
さらに医薬品メーカーならではの研究結果と製造に基づいて作っているため、安心と信頼の高品質を目指しています。今であればなんと公式サイトでお試しワンコインで購入することが出来ますよ。

 

サントリーセサミンEX

サントリーセサミンEXとは、いつまでも若々しい健康な身体を維持するのに必要なセサミンを配合したサプリメントのことです。

 

セサミン以外にも、ビタミンEやコトリエノールなどの美容成分をも含んでいるので、疲労が蓄積しやすい人や周りの同年代と比較すると元気が無いかもと感じる人には大変おすすめです。
今なら公式サイトからお買い得な定期購入が出来ます。

 

しじみ習慣

しじみ習慣とは、肝臓の働きをサポートしてくれるしじみエキスを配合したサプリメントのことです。しじみの質の良いアミノ酸。オルニチン、グルタミンなどを始め、タウリン、亜鉛などの栄養素もたっぷり含んでいます。

 

よって、気をつけていてもついお酒を飲みすぎてしまう人や、普段から肝臓が心配な人にはとてもおすすめな商品です。しじみ習慣は売上累計100万個を突破し、なんと79%の人が満足するといった結果になっています。今ならお買い得な定期購入を公式サイトを通じて注文可能です。

 

 

病気ではないからといって脂肪肝を放置すると…

そもそも脂肪肝というものは、日々の暴飲暴食や、食生活の乱れにより肝臓に中性脂肪・コレステロールが溜まった状態のことをいいます。「肝臓の肥満症」とも呼ばれており、30代や40代を中心に発症するケースが多いようです。

 

脂肪肝の注意点としては、見た目で判断できず痛みも特に感じない、といった自覚症状が無いところです。当然、本人はもちろん周囲にも気付かれることはありません。
だからといって脂肪肝の状態を放置するととんでもないことになります。

 

自覚症状は無くとも、ゆっくりと少しずつ肝臓を侵していくため、中性脂肪やコレステロールが肝臓を埋め尽くす頃には肝臓病である肝硬変や肝炎、肝臓ガンなどの病気を招いてしまう危険性もあります。

 

脂肪肝が判明したらすぐに始めてほしい予防

脂肪肝はアルコールの過剰摂取と乱れた食生活が主な原因とされています。一日のアルコール摂取量の基準値は、ビールに換算すると500mlであり、毎日でないとしても一度の飲み会で何倍も飲んでしまっていたら危険なのはお分かりでしょう。

 

まずすぐに予防できる対策として、お酒の量が普段から多いと感じている人は量を減らす努力をすること、さらに有酸素運動を取り入れると一層効果的なため、意識してほしいところです。
あわせて肝臓に良い栄養・成分を与えることもとても大切です。主にタウリンやオルニチンなどの牡蠣、しじみに含まれている成分を積極的に摂りましょう。

 

タウリンやオルニチンには、普通二日酔いを抑えるイメージを持たれていますが、そのように単純なものではありません。この2つの成分には、アルコール分解を促し、肝臓の働きをより活性化させてくれるため、肝臓に中性脂肪やコレステロールを蓄積するのを抑える役割があるのです。

 

タウリンやオルニチンを毎日積極的に摂るのは、脂肪肝を改善そして予防するのにとても重要で大切な行為といえるでしょう。

脂肪肝とは

食事で貯蓄した脂肪は、小腸で脂肪酸に分解され、肝臓へ送り出されます。しかし、糖分や脂質を摂取しすぎて肝臓に送られ脂肪酸が増えてしまうと、肝臓で脂肪酸から作られる中性脂肪が肝臓に蓄積されます。
さらにアルコールの過剰摂取も肝臓に中性脂肪が蓄積されます。

 

皮下や内臓に中性脂肪がたまると肥満に、肝臓にたまると脂肪肝に繋がります。脂肪肝を簡単に説明すると、肝臓がフォアグラのような状態になることです。健康な肝臓であっても3〜5%の脂肪を含んでいますが、5%を超過した場合を脂肪肝と呼びます。

 

脂肪肝になっている組織を顕微鏡で覗くと、肝細胞内に球状の脂肪が驚くほどに増加しているのがわかります。
正常な肝臓の脂質は、大体3分の2がリン脂質で占められており、主に細胞の膜を構成して、残った約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になります。
脂肪肝の場合は、中性脂肪が異常に増えて大部分を占め、コレステロールやリン脂質がたまることは可能性としてほとんど考えられません。

 

脂肪肝は年代で30代〜70代に多く見られ、男性では40歳前後、女性では40代以降の中高年を中心に増えています。性別では女性よりも男性の方が発症傾向にあり、アルコール性の脂肪肝の場合は、放置することで肝硬変に進行するケースもあります。

 

脂肪肝の症状

脂肪肝には自覚症状が見られないため、定期健診を受けることがとても大切です。

 

脂肪肝の原因

脂肪肝はほとんどが、肥満、糖尿病、アルコールの過剰摂取が原因です。

 

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)

アルコールを普段摂らない人でも脂肪肝から肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと症状が悪化していくケースがあります。それを非アルコール性脂肪性肝炎(Non-alcoholic steatohepatitis、通称NASH)と呼びます。

 

非アルコール性脂肪性肝炎の一因とされているのが、過度なダイエットとリバウンドを繰り返すことで肝臓に負担をかけてしまうことにあります。

 

ダイエットによって痩せた女性でも、栄養バランスを崩し脂肪肝になってしまうと、非アルコール性脂肪肝炎になる場合もあります。
偏食によるダイエットとリバウンドを繰り返すことで肝臓の負担となり、病気になってしまう可能性もあるため気をつける必要があります。


脂肪肝の原因と症状

脂肪肝という病気は大きな自覚症状が無く、見つかるパターンとしては健康診断の際の血液検査で偶然発見されるケースがほとんどだと言われています。
その脂肪肝の症状が進行した際は「疲れやすい・体がだるい・食欲不振」など肝臓病の一般的症状が見られるようになります。

 

健康診断の血液検査でたんぱく質量を表すGPTやGOT、γGTPといった指標はおなじみですが、基本的にはこれらの数値、特にGPTが基準値を超過した際には十分な警戒が必要といえます。アルコール性の脂肪肝の場合は、γGTPの数値も高い数字を示します。

 

健康診断で正常値だったため一安心と言えるかというとそういったわけでなく、厚生労働省の調査結果によると、脂肪肝の患者のうちGPTが異常値を示した人は全体のわずか3割強であったとのことです。
また体型が痩せ型だと脂肪肝に無縁かというとそれもそうではありません。痩せ型の人を中心に調査した結果、約5人に1人が脂肪肝であったとの報告もあります。

 

脂肪肝に細かい定義はありませんが、一般的に「肝臓内の(正常な肝臓の場合は4〜5%程度の)中性脂肪が、10%以上になった状態」、また病理学的には、「顕微鏡による標本観察で、100個の肝細胞中に30%以上の脂肪空胞が認められる場合」とされます。

 

脂肪肝が進行してしまうと、超音波やCT検査で肝臓が白く光るため、その識別・判断はこれまでに比べ比較的容易になります。
もともと日本人は別名「節約遺伝子」とも呼ばれていて、脂肪をためやすい遺伝子の素因を持っているといわれています。

 

それだけでなく、現代の不規則な生活習慣・生活環境が、患者を急増させている原因でもあると指摘されています。

 

つまり、内臓脂肪の蓄積により脂肪肝だけでなく、派生的に動脈硬化・高脂血症・糖尿病・高血圧といった生活習慣病をもたらす危険性も一気に高まってしまうのです。
脂肪肝の主原因は、簡単に説明すると「肥満」「アルコール」「糖尿病」の3つです。特に肥満とアルコールが原因の7割を占める結果となっています。

 

肥満に関しては暴飲暴食や偏食による過栄養、さらに運動不足などが原因で内臓に脂肪が蓄積されるものです。
痩せているから大丈夫、アルコールは普段飲まないから脂肪肝とは無縁だ…ということは決してないので、安心は禁物です。


脂肪肝はこうやって改善する

脂肪肝を予防するために重要なことは、なぜそのような状態になってしまうのか、という原因を確認しておくことにあります。
脂肪肝になってしまう原因としては、肥満や糖尿病、さらにアルコールの飲み過ぎなどが考えられます。

 

・低カロリー・低脂肪食にする
脂肪肝の原因ともいえる肥満を防ぐためにまず考えるべきはダイエットをすることです。
ダイエットについては低カロリーかつ低脂肪、そしてバランスのとれた食生活が欠かせません。
特に普段から食べ過ぎの自覚がある人は食事量を減らす必要があります。
それとともに適度な運動の習慣を作ることも大切です。

 

・アルコールの飲みすぎを止める。
脂肪肝を改善するためにはアルコールの摂取量にも注意が必要です。
沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、再生能力に優れており、ダメージをうけても機能を維持することができます。
そのため何らかの異常が発生してもその異常が自覚症状として出てきた場合にはかなり症状が進行している可能性があります。
定期的な健診で肝臓の状態を常に確認し、脂肪肝にならないような食生活・生活習慣を心がけたいところです。

 

・脂肪肝に有効な食事
脂肪肝に有効な食品はタウリンを多く含んだものです。
肝臓には胆汁酸というものが分泌されており、これはコレステロールを排泄する働きがあります。
タウリンはこの胆汁酸の分泌量を増やす効果がありますので、血液に含まれるコレステロールの数値を調整することができます。
また、タウリンにはこの他にも酵素の働きをサポートしてくれる働きがあります。
アルコールの分解を早めるとともに肝臓への負担も軽減する効果のほか、腎臓や肝臓にたまった有害ミネラルを取り除く機能を高めてくれます。

 

このタウリンは、おもに牡蠣に多く含まれています。
肝臓にたまった中性脂肪を肝臓の外に排出することができますので、結果として脂肪肝の改善に効果的です。
肝臓に入ったタウリンは、肝臓の中にある中性脂肪を取り除き、脂肪を外に出してくれます。
そのため、タウリンを多く含んだ食事を積極的に摂りたいところです。

 

お酒を飲まなくても脂肪肝になる?

脂肪肝の原因はアルコールによるところが大きいと思われがちですが、実はアルコール性脂肪肝よりも「非アルコール性脂肪肝」のほうが警戒すべきといわれています。
この「非アルコール性脂肪肝」が起こる原因となるのが、脂質や糖質の多い食生活や、運動不足などによる内臓脂肪の増加です。
また、最近では無理なダイエットなどによって体内のタンパク質の量が減少し、その結果脂肪の排出が阻害されて肝臓に蓄積されることで脂肪肝になってしまうというケースもあります。
こうした非アルコール性脂肪肝で問題となるのが、これが非アルコール性脂肪肝炎と呼ばれる病気に発展する危険性があるという点です。
この非アルコール性脂肪肝炎は脂肪肝になっている人のうちおよそ1割程度、患者の数にしておよそ100万人がこれに該当していると思われます。
なお、この非アルコール性脂肪肝炎は最近話題になっている病気であり、脂肪肝へのストレスが加わることで引き起こされるという説もあります。
そのため、原因が確定されておらず治療法もまだ確立されていません。
さらに非アルコール性脂肪肝炎は血液検査での診断が難しいうえにCT検査でも見つからないケースもあります。

 

この非アルコール性脂肪肝炎と診断するには、肝臓の組織の一部を取り出して検査する「肝生検」をする必要があります。
肝臓の他の病気と同じく初期段階での自覚症状はほとんどありませんが、患者のうちおよそ1割程度は数年以内に肝硬変や肝臓がんを引き起こすとされています。
アメリカではウイルス性肝炎やアルコール性肝障害とともに多い肝臓病であり、欧米型の糖分や脂質の多い食生活と運動不足から日本人でも発症する人が増えています。
そのため、ウイルス性肝炎に比べると「生活習慣病」に近いものといえるかもしれません。

 

 

脂肪肝を治すにはレバリズム-L

レバリズム-Lとは、素材探しに約2年、調合に1年半と計3年半もの年月を費やしこだわって開発された肝臓エキス配合のサプリメントのことです。

 

不規則な食事や夜食、睡眠不足、ストレスなど現代人が抱えがちの生活習慣の乱れが原因で、昨今脂肪肝に該当する人は日本人の約1000万人にも及ぶ言われています。

 

脂肪肝は自覚症状がほとんど無く、判明した時には症状が進行してしまい肝臓自体の機能の回復が困難で命に関わるリスクも高いです。このため、健康診断の結果、日常生活で少しでも異常な変化を感じたときにはすぐに対処をしなければなりません。

 

レバリズム-Lには、肝臓に良いとされているタウリンやオルニチン、スクワレンなどの有効成分を豊富に含み、肝臓周辺のいろいろな症状が気になる多くの人に支持されています。

 

レバリズム-L 初回限定特別価格980円

一切の妥協を許さずこだわり続けた厳選素材の濃い栄養素をたっぷりと配合

レバリズム-Lは、他社肝臓サプリと比較しても劣らないと断言しても良いほどの贅沢成分が配合されています。

 

静岡県産のしじみエキス、岡山県産の牡蠣エキス、千葉県産のスクワレンといった肝機能向上をサポートする成分だけでなく、シスチン、ビタミンB2、ビタミンEなどの成分も配合。
これだけ多くの成分が含まれているのはレバリズム-L以外に存在しません。


更新履歴